フラット35も金融機関によって金利が違うの?

先ずフラット35は半官半民で作られた住宅ローンの事です。
基本的に普通の住宅用ではなく、借りるための建築基準が厳しくなっていて、その基準に適合する住宅を建てたりする時に使える住宅ローンです。
その為もともと金利自体は安く設定されていますが、各金融機関によって若干違います。
固定も変動も有りますが、いまは特に低くなっています。
ここ数年住宅メーカーも、家の性能を売りにした住宅販売に力を入れ始めています。
フラット35が適用される基準の住宅も増えています。
確かに普通の住宅より住宅価格は高くなりますが、家が丈夫で長持ちするような基準なので十分元を取れます。
それに金利が普通の住宅ローンより低く設定されていますので、安定した職業で安定した収入が見込める方には頼もしいローンです。
家は安らぐ空間で有るので、頑丈さも必要です。
いい住宅を建てたい安定した職業の方は、フラット35が適用される住宅を建てて金利も優遇されましょう。