白髪染めが永久脱毛?

この世の中に白髪の方ってどのくらいいるのでしょうか?白髪は老化現象の一つと考えられており、特にいつまでも若く美しくいたいと感じている女性の間では特に白髪は忌み嫌われる存在だと思われます。
いろいろな技術の発達した現代には「白髪染め」という便利なものがあるので、みなさんそれを使って若返りを試みているようです。
そのおかげというかなんというか、その人の本当の髪の色が分からない場合も多くあると思うのです。
言い方は悪いかもしれませんが、黒髪の綺麗な女性も実はすべて白髪で、白髪染めを使用してごまかしている可能性もあります。
白髪染めは女性のお化粧みたいなものだと思います。
白髪染めのカラーも様々な種類があるので、黒髪だけではなく、ブラウンやレッドなどに染めることもできます。
お化粧は肌に優しいものが好まれますが、白髪染めも同じです。
髪の毛の黒い色はメラニン色素によるものです。
このメラニン色素の代わりをするのが、白髪染めです。
実は髪を染色するのも、仕組みとしては簡単ではありません。
試しに油性マジックで髪の毛を染めたとしても、色素は髪の表面に付くだけなので、髪を数回洗っただけで剥がれて落ちてしまいます。
つまり、表面を染色するだけではダメなのです。
一般的な白髪染めはこの問題をしっかり解消しています。
髪の毛のキューティクルというのは聞いたことありますか?適切な水分バランスを保つために、魚のうろこのような形をしたキューティクルが髪の細胞を守っています。
白髪染めはこの魚のうろこを開かせ、その開いたところから染料を浸透させます。
表面だけの染色ではないので、シャンプーで髪を洗ってもそうそう落ちることはありません。
これが、白髪染めが「永久染毛剤」と呼ばれている所以です。
もし、白髪染めが油性マジックのようなものだったら、きっと大変でしょう。
なので、現在のような白髪染めがあることは、とても有難く感じます。
もっと技術が進んだら、髪にスプレーするだけの永久染毛剤なんていうのも出てくるかもしれませんね。
男性のヒゲでも永久脱毛はできる? 【濃いヒゲに効果はあるの?】