銀行カードローン審査でウソ言ってもバレる?

「嘘の申告をしてカードローンの審査に通った」という話をたまに聞ききますが、それは電子化以前の話のようです。
事実だけ言えば、それはそれだけで刑法上の罪(有印私文書偽造)になります。
ただ、審査中に発覚したとしても会社としては被害届をバンバン出しているといった話は聞きません。
あくまでも会社の自主性なのでわかりません。
それに、詐称して融資を受ける(受けられる)ことはまず、ないのではないでしょうか。
第一、審査を通ったとしても喜べませんよ。
判明すれば全額一括返済は確実で、借入停止でまともな会社はどこも利用できなくなってしまうという金銭の貸借は信用取引です。
むざむざ自分の信用に傷をつけることはやめてください。
今日び、銀行でローンを組む人が、一般的になっています。
銀行での借り入れは、利息が低くて返済が軽負担で済みます。
しかも多くのお金を借りることができるので、いろいろな用途に利用できて利便性がものすごく高いのです。
総量規制を気にしなくていいので制度上でも非常に借入しやすくなっています。
カードローンは日々進歩しています。
とくに申し込みは、スピード&スマート化が進んでいます。
今では申込みから融資まで、書類提出を含めてぜんぶ、インターネット上だけで済ますことができる通称「ウェブ完結」なるものも出てきて、電子化の恩恵もあってか審査も早く、即日融資が当然という感じです。
必要書類を送付する方法ですが、写真に撮ったりスキャナでスキャンしたものをアップロードするか、メール添付するなどで対応します。
そして、ビジネスローンの中には、最短で即日融資をしてもらえるところがあります。
また、原則として保証人や担保を必要とせずに借りられます。
審査も比較的に甘いので銀行などで借りるのが難しいという方でも資金を調達することが出来ますよ。
貸金業規制法の改正によって1社から50万以上または複数社より100万以上、お金を借りる場合は年収額の証明が必要ですが、言い換えればそれ未満であれば年収証明がなくても問題ないという解釈もできます。
ただし、それに満たなくても年収を証明できるほうが望ましいとは考えます。

銀行カードローンネットの申込みは?メリット教えて!【手軽にできる?】